健康の最近のブログ記事

以前のように覚えられなくなった。なんとなく物忘れがひどくなった気がする。こんなことを普段、感じてませんか?

アメリカの健康ニュースサイト『MyHealthNewsDaily』から、脳のパワーを全開にしてくれる食べ物をご紹介いたします。脳力アップして、覚えにくさや物忘れを吹き飛ばしてしまいましょう。

■1:グアカモーレ
ちょっと耳慣れないですが、メキシコのアボカドをつぶして作るディップ料理の名前がこれ。アメリカでは、ホームパーティなどでよく食べるそうです。

でも、パーティでしか食べないのはもったいない! 軽食やおかずのひとつとして、グアカモーレ&チップスはいかがでしょう?

アボカドは、記憶を高める働きのあるビタミンCが豊富です。またビタミンCは、抗酸化物質としての働きもあるので、脳細胞のダメージを防ぐことが期待できます。

■2:すりおろしにんじんをサラダに
にんじんはやわらかいので、すりおろすのはとても簡単! そしてにんじんには、記憶を高めるベータカロチンが豊富です。

1997年の米国老年医学会誌に掲載された研究では、血中のビタミンCとベータカロチンの濃度が高い人は、記憶力、語彙力、想起力、認知力のテストの点が高かったという結果が出ています。

スティックにんじんにグアカモーレをつけたら、脳に最強のおやつになるかもしれませんね。

■3:魚をもっと食べよう
サケ、マグロ、オヒョウなどは、記憶と学習を高める働きのあるオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。週に一度は、夕食に魚を食べましょう!

魚にあまりなじみのないアメリカ人も、脳のために週1回の魚デーを設けるべきだとのこと。魚になじみがある私達は、もっと食べてもいいですよね。

■4:くるみ
くるみもオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。魚がどうしても苦手な場合は、くるみで補うのも一手ですね。また亜麻仁油もオメガ3脂肪酸が多いので、必須脂肪酸を摂取するのに亜麻仁油を選ぶのもいいでしょう。

どちらもカロリーが高いものですから、その点だけはご注意くださいね!

■5:ジャガイモの代わりにサツマイモを
サツマイモは、ベータカロチンが豊富です。ジャガイモの代わりに、サツマイモを使ってベータカロチンを脳に届けましょう。

例えばベイクドポテトの代わりに、ベイクドサツマイモ(つまり焼きいも)にする、フライドポテトをジャガイモではなく、サツマイモを揚げるなどです。

サツマイモの黄色は、ベータカロチンの色だったのですね。日本人には、ジャガイモはごはんのおかず、サツマイモはスイーツのような感覚があるかもしれませんが、おかずにもサツマイモを使ってみるといいかもしれませんね。

いかがでしたか?

意外に身近にある脳によい食べものでしたね。手軽なものから試して、脳のパワーを最大限にまで高めてくださいね!

引用元:ネタりか 美レンジャー
 胃の粘液に含まれ、糖の分子が鎖状になった物質「糖鎖(とうさ)」に胃がんの発症を抑制する働きがあることを、信州大学医学部(長野県松本市)の中山淳教授(病理学)らの研究グループが突き止めた。

■信州大研究グループ、米専門誌に発表

 6日付の米医学専門誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」に発表した。今後、糖鎖に着目した薬や予防法の開発が期待できるという。

 糖鎖は、糖の分子が鎖状に結びついた化合物で、細胞膜の表面のたんぱく質などと結合し、病気の発症に影響する。

 胃の粘液は「表層粘液」と、胃粘膜の下方の細胞で分泌される「腺(せん)粘液」に分類され、腺粘液に糖の分子「α型N―アセチルグルコサミン」を含む糖鎖がある。グループは2004年、糖鎖が胃がんなどを引き起こすピロリ菌の増殖を抑えていることを明らかにした。

 今回は、胃粘膜での糖鎖の役割を解明するのが目的。ピロリ菌に感染していない状態で、糖鎖を欠損させたマウスと通常のマウスを比較する実験を行った結 果、糖鎖のないマウスは5週間で胃粘膜の炎症が起き、30週で胃がんを発症した。また、早期の胃がん患者では糖鎖の量が低下するか、消失していた。このた め、糖鎖は炎症を抑え、がん発症を防いでいると結論づけた。

 中山教授は「粘液は粘膜の単なるバリアではないことが分かった。研究結果が、糖鎖の量を増やす薬の開発などにつながることを期待したい」と話している。

引用元:読売新聞(ヨミドクター)
 人体のあらゆる組織に成長する能力を持つ胚(はい)性幹細胞(ES細胞)を使って、失明状態と認定された患者2人の治療に成功したとの成果を、米カリ フォルニア大学ロサンゼルス校ジュールズ・スタイン眼研究所の研究者らがこのほど発表した。2人とも視力が劇的に改善したという。

同研究所のスティーブン・シュワーツ博士らが、英医学誌ランセットに報告した。ES細胞を使った治療例が正式に報告されたのは初めてとされる。同博士は「暫定的な結果であり、失明の治療法が見つかったとはいえないが、再生医療における大きな前進だ」と話している。

2例ともそれぞれ、ES細胞を患者の網膜組織に注入した。術後は拒絶反応を抑える薬を短期間投与した。

患者の1人、スー・フリーマンさん(78)は昨年7月に手術を受けた。難病の黄斑変性症で視力が極度に低下し、1人では歩行も買い物、料理も不可能だった が、一方の目を治療した結果、すべてできるようになったという。「自分が書いた字を読むこともできるようになった」と、喜びを語る。
2人目の女性(51)は手術から2~3週間たった朝、目覚めた時に寝室のたんすの細かい彫刻に気付き、視力の改善を実感したという。以前は見えなかったこんろのつまみが見えるようになり、目の前に示された指の数も分かるようになった。

シュワーツ博士は、フリーマンさんらの視力が再び低下する可能性もあるとする一方、今後全米10カ所で患者12人の治療を試みるとの計画を示した。

チームが使用したES細胞は、不妊治療で不要となり、捨てられることが決まった受精卵から採取したという。

ES細胞を使った再生医療では、米バイオ企業ジェロンが2009年、民間企業として初めて食品医薬品局(FDA)から臨床試験の承認を得たものの、11年に財政難を理由に撤退している。

引用元:(CNN)

コメント:副作用が出ず、安全性が確認されたことはES細胞を使った治療への大きな一歩と言えますね。

 ピーナツの渋皮にアルツハイマー病の進行抑制が期待されるポリフェノール成分が豊富に含まれていることが、古川昭栄・岐阜薬科大学教授(神経科学)らの グループの研究でわかった。マウスを使った実験で有効性が確認されており、研究成果を26日に岐阜市内のホテルで開かれる同大の研究講演会で発表する。

 研究を行ったのは古川教授と特殊高機能性化学品メーカー「岐阜セラツク製造所」の森大輔主任研究員ら4人。アルツハイマー病は、脳内に神経細胞の機能低下を引き起こすアミロイドベータたんぱく質が蓄積されるのが原因とされている。

 古川教授らはアルツハイマー病の治療方法を研究する中で、老化やストレスなどで脳の機能を正常に保つのに必要なたんぱく質(神経栄養因子)の機能が低下したり産出量が減ったりして、記憶力が衰えることに注目。神経栄養因子の機能を高める効果のある植物成分を探した。

 野菜や果物など60種類の成分を調べたところ、中国で不老長寿の豆と呼ばれるピーナツの渋皮に含まれるポリフェノールに神経栄養因子と類似の働きがある ことを確認。アミロイドベータたんぱく質をマウスの脳に投与してアルツハイマー病の状態を引き起こし、渋皮から抽出したポリフェノールを食べさせると、食 べさせないマウスよりも記憶力が高く保たれることが判明した。

 ただ、なぜピーナツの渋皮のポリフェノールだけに神経栄養因子とよく似た働きがあるのかは分かっていないという。古川教授は「神経細胞が活性化するメカニズムを解明するのが今後の課題。予防薬として活用できるように努力したい」と話している。(大隅清司)

引用元:読売新聞(ヨミドクター)


コメント: 脳が萎縮するアルツハイマー病は、神経の伝達に必要な「APP」というたんぱく質が脳内の神経細胞の末端部にたまって変異し、蓄積されてしまうことが原因だと考えられている。

  日本ではまだ無名だが、米国ではことあるごとにテレビに出演し、奇抜な発想と卓越した説得力で全米の視聴者を引きつける科学解説者ミチオ・カク 博士。日系3世でもある彼はハーバード大学を出た後、アインシュタインのライフワークであった統一理論の鍵となる「超ひも理論」を研究する著名な物理学者 でニューヨークの大学教授を勤めている。

  そのカク博士が、遺伝子配列解明技術の進展について米FOXテレビに出演し、人間の寿命について興味深い発言をした。なんと、摂取するカロリー を控えることで、寿命を大幅に延ばすことができる。たとえば、毎日の食事からカロリーを30%カットすれば、寿命は30%も延びるのだ。

  カク博士は続ける。「30%のカロリーカットは簡単にできることではない。しかし、遺伝子配列の解明が進んだ結果、この不思議な現象を制御して いるのは『Sar2(サーツー)』遺伝子と分かっている。この遺伝子を人工的に活性化することで、食事制限なしで寿命を延ばすことが近い将来可能となるは ずだ」。

  食料が十分にあれば生殖活動を通して子孫をたくさん残すことが理想だが、食料が不足する時期が長引く場合、少しでも食いぶちを減らして、既に生 きているものが寿命を延ばすことが求められる。この「Sar2(サーツー)」と呼ばれる遺伝子、太古の昔に遭遇したであろう幾度もの食糧危機を乗り越える ために自然と動物に備わった機能なのかも知れない。

  案外、日本の少子高齢化問題、この遺伝子が活性化した結果ではないだろうか。

引用元:ロケットニュース24

 心臓に異常はなく、心筋細胞を動かす電気系統の遺伝子異常で起こるのがブルガダ症候群だ。心電図に特徴的な波形を示し、心室細動により突然死に至ることもある。30~40代の男性に多く発症し、現在では、「ぽっくり病」の主な原因だと考えられている。

 心電図の波形がブルガダ様でも全員が心室細動を起こすわけではなく、リスクの高い場合は植え込み型除細動器で突然死を予防する。

 ブルガダ症候群の症例が報告されたのは1992年で、報告者の名前を取って病名が付けられた。この病気は心臓そのものには異常はないが、心筋細胞の電気系統の遺伝子に異常があって心室細動を起こし、失神や突然死を招く。

 心電図は12か所からの誘導で波形をとるが、ブルガダ症候群はV1~V3誘導でST部分が上昇するという特徴的な波形を示し、日本人を含めたアジア人に 多く見られる。30~40代の働き盛りの男性が就寝中に突然死する「ぽっくり病」は長くその原因が不明だったが、現在ではブルガダ症候群が主な原因と考え られている。東邦大学医療センター大橋病院副院長で、循環器内科の杉薫教授に話を聞いた。

「心臓は筋肉の塊で、中に特殊な伝導系があり、細胞の内外をナトリウムやカリウム、カルシウムイオンが出入りしています。その際プラスイオンとマイナスイオンが移動を繰り返して電気の流れを作り、その後に心筋が収縮します。

 この病気は、主にナトリウムチャネルの遺伝子異常があるために、心電図で特徴的なブルガダ様変化を示すと考えられます」

 会社などで実施する定期健康診断で心電図をとると、ブルガダ様の特徴的波形を示す人は1000人に6人程度いるが、外見上は健康で社会生活も普通に送っ ており、突然死を起こすとは思えない。しかし、基質としては持っており、その中から心室細動を起こすリスクの高い人を識別診断する必要がある。(取材・構 成/岩城レイ子)

引用元:※週刊ポスト2011年7月15日号


コメント:突然死ほど怖いものはありません。
「そもそも、いまの人は昔の人に比べて、口のさまざまな機能が衰えているんです」

 というのは、口のアンチエイジングの第一人者、鶴見大学歯学部附属病院病院長の斎藤一郎歯科医師だ。

「昔は『噛めば噛むほど味が出る』という食事が多かったものですが、現代人は、よく噛まずにのみ込める麺類などのやわらかい料理を好んで食べる傾向があり ます。その結果、噛む力が昔より衰えてきた。噛むことは単に食べものを細かくすることだけでなく、唾液の分泌を促したり、口のまわりの筋肉を鍛えたりする 働きがあるのですが、それが充分でなくなってきているのです」

 口の機能が衰えると、口の中だけでなく、体のさまざまな部分に悪影響が及ぶようになる。

 まず、斎藤さんが挙げるのは、顔の老化だ。口のまわりには細かい筋肉がたくさんあるが、口を動かさないとそれらの筋力が低下し、その上にある皮膚と共に下垂してくる。その結果、ほうれい線やあごのたるみが目立つようになってくるという。

「ドライマウス」にもなりやすくなる。ドライマウスとは唾液の分泌が減り、口が乾く症状だ。薬の副作用や病気などで起こることもあるが、唾液を出す唾液腺 の機能が低下することでも起こる。食べものがのみ込みにくくなるほか、会話をしにくい、口がネバネバする、口臭、舌の痛みといった症状が出る。

「しかも、抗菌作用を持つ唾液が減ることで、口の中に雑菌が繁殖しやすくなります。むし歯や歯周病にかかりやすくなるだけでなく、こうした雑菌が肺にはいると、誤嚥性肺炎を引き起こすこともあります」(斎藤さん)

 斎藤さんはこれまで口にトラブルを抱えた人を大勢診ているが、多くの人は生活習慣病など、体の健康にも問題があるという。

「歯周病は、動脈硬化や糖尿病など他の病気とも関係しているという医学的な研究結果が出ています。それくらい口と全身の健康とはかかわりが深いのです」(斎藤さん)

 つまり、口の健康を守ることが、全身の健康や老化を防ぐことにつながるのだ。

引用元:女性セブン2011年10月27日号


コメント:口の健康が全身の健康に関わるとよく聞きます。

誰しも必ず一度は飲んだことがあるはずの、サプリメント。

日常の栄養を補うための総合ビタミン剤や鉄、カルシウム、マグネシウム、葉酸などドラックストアーを覗けばありとあらゆる栄養素を配合したサプリメントを目にしますよね。

偏食しがちな私たち現代人にとってお助けマンだと思っていたサプリメントが、実は"有害無益"の可能性があることが、フィンランド、ノルウェー、アメリカ、韓国の科学者による研究で明らかになってきました。

 

イギリスのニュースサイトMail Onlineによると、サプリメントが私たちの身体にとって、少しの利益をもたらすどころか、むしろ有害事象を引き起こしているというのです。

その中でもっともゾッとする事象が、"ビタミン錠剤を飲むことで早死にする"という内容。

38,722 人の女性被験者55歳~69歳を対象に、18年間という長期に渡って行った研究によると、サプリメントのうち、総合ビタミン剤(2.4%)、葉酸 (5.9%)、鉄(3.9%)、マグネシウム(3.6%)、銅(18%)が、それぞれに早死の危険性が増すという結果が出たのです。

 

この研究では、"なぜこれらのサプリメントが早死を誘発するのか"という原因については完全に分かっていません。

しかし、これらのサプリメントが、私たち人間に備わっている自然防衛システムに何だかの干渉を与えてしまうことが原因なのではないかと考えられています。

一方で、これらのサプリメントは摂取量を守れば私たちの健康を維持する上で有益であるという科学的根拠もまた存在します。

とにもかくにも、安易にサプリメントを神格化せず、食事から一日の栄養素を取る努力をする方が賢明と言えそうですね。

 

【参考】

※ Vitamin pills and supplements taken by millions of women 'do more harm than good' | Mail Online

(著:土屋晴乃)


引用元:美レンジャー 2011年10月12日


コメント:こういった記事はとにかくそのまま鵜呑みにするのではなく、真偽を確かめる必要がありますね。 
ガムを食べたり歯磨きしたりという、上辺だけの処置では収まらない体調不良からくる口臭があります。

特に、人と会う前には要注意! 相手も悪気がないことだとはわかっていながらも、口臭は少なからずマイナス印象を与えることに間違いありません。

内側から来る口臭は、そもそも胃に熱がこもって消化機能が弱まった時に、消化不良・胃のもたれ・歯槽膿漏などが原因で生じるもの。食べ過ぎ・水分の摂りすぎも原因のひとつと言われています。

さらに、口の中に感じる不快感も、精神的ストレスをはじめ、消化器官の衰えによるものなのだとか。

便利な口臭防止アイテムでは賄えない、体内からの本気の口臭を抑えるためには、取り急ぎツボ押しで対応することをオススメします。

■マスターすべき2点のツボ

1. 『大陵(だいりょう)』・・・口臭や胃のもたれなど消化機能に効くツボ
手のひらを上にしたときにできる、手首の横ジワの中央部分。反対の手の親指の腹で、ぐーっと痛くない程度に指圧します。

2. 『内関(ないかん)』・・・口中の不快感を抑えるツボ
『大陵』からひじの方へ向かって指の幅3本分上に上がり、腕の中央の2本の筋のあいだにある、押すと圧痛を感じる箇所です。

これだけで口臭から解放されるなんて、まさに覚えておいて損はナシ! 古くから伝わるツボ治療とは、東洋医学に基づいた、身体のバランスを整える考え方から生み出されたいわば『気のコントロール法』です。

慌てて病院や薬の力に頼る前に、自分で出来る治癒法から始めてみてはいかがでしょうか。

引用元:美レンジャー 2011/10/11


コメント:匂いは自分では分かりにくいものですから気になりますね。

不老不死までとはいきませんが......。人間の遺伝子の中に寿命を長くしてくれる遺伝子があるのをご存じでしたか?

生体には防御や修復作用を維持する遺伝子があり、年齢とは無関係に働いているようなので、これらの遺伝子を長期にわたって活性化すれば健康を維持し、寿命を延ばすことができるというのです!

 

そこで注目されている遺伝子が『サーチュイン遺伝子』

日本で初めて体の老化を検査する『抗加齢ドック』を作ったアンチエイジングのスペシャリストである東海大学医学部教授の久保明さんがおっしゃっていました。

サーチュイン遺伝子は、体内で非常に重要な役割を担っている酵素群(たんぱく質)だそうです。このサーチュイン遺伝子のスイッチをONにする方法はいくつかあるとのこと。

さてその方法とは?

 

<サーチュイン遺伝子のスイッチをONにする方法>

(1)カロリーを減らすこと

(2)定期的な運動をすること

一番簡単なのはカロリーを減らすことと定期的に運動することだそうです。寿命を長くしてくれるサーチュイン遺伝子が活発に働くと、代謝が良くなったり、細胞が若返ったり様々な老化の予防になるとのこと!

 

また、日本人が一日にとる食事のカロリーの平均は、男性2100kcal、女性1700kcalと言われていますが、これを約800kcalに抑えると、効果が出るだろうと言われているんです。

ただし! ずっと続けるのではなく3日に1回や1週間に1回、1カ月に1回でもいいのではないかと言われているそうです。これだと続けられるかも♪そして、カロリー制限をした日は激しい運動や肉体労働はしないようにしましょうね。


そして赤ワインポリフェノールの一種である『レスベラトロール』は、このサーチュイン遺伝子を活性化するという報告が数多くされているそうです。そのため、レスベラトロールは、長生きポリフェノールということで非常に注目を浴びているのです!

このレスベラトロール。ダイエットにも効果的といわれているそうでし、他にも抗ガン作用、痴呆症予防効果があるそうですよ。赤ワインの飲み過ぎにはご注意を! 何事も程々にです♪

 

美容と健康は表裏一体です。キレイになるためにはまず健康になることが大切ですね!


引用元:美レンジャー


コメント:

赤ワインの健康効果に注目が集まっていますね。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち健康カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは人間学です。

次のカテゴリは科学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja