サーツー遺伝子は寿命を30%も延ばす

| コメント(0) | トラックバック(0)

  日本ではまだ無名だが、米国ではことあるごとにテレビに出演し、奇抜な発想と卓越した説得力で全米の視聴者を引きつける科学解説者ミチオ・カク 博士。日系3世でもある彼はハーバード大学を出た後、アインシュタインのライフワークであった統一理論の鍵となる「超ひも理論」を研究する著名な物理学者 でニューヨークの大学教授を勤めている。

  そのカク博士が、遺伝子配列解明技術の進展について米FOXテレビに出演し、人間の寿命について興味深い発言をした。なんと、摂取するカロリー を控えることで、寿命を大幅に延ばすことができる。たとえば、毎日の食事からカロリーを30%カットすれば、寿命は30%も延びるのだ。

  カク博士は続ける。「30%のカロリーカットは簡単にできることではない。しかし、遺伝子配列の解明が進んだ結果、この不思議な現象を制御して いるのは『Sar2(サーツー)』遺伝子と分かっている。この遺伝子を人工的に活性化することで、食事制限なしで寿命を延ばすことが近い将来可能となるは ずだ」。

  食料が十分にあれば生殖活動を通して子孫をたくさん残すことが理想だが、食料が不足する時期が長引く場合、少しでも食いぶちを減らして、既に生 きているものが寿命を延ばすことが求められる。この「Sar2(サーツー)」と呼ばれる遺伝子、太古の昔に遭遇したであろう幾度もの食糧危機を乗り越える ために自然と動物に備わった機能なのかも知れない。

  案外、日本の少子高齢化問題、この遺伝子が活性化した結果ではないだろうか。

引用元:ロケットニュース24

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life.restay.net/mt4/mt-tb.cgi/43

コメントする

このブログ記事について

このページは、blogが2011年10月18日 22:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ついに女性が毛深い男性を嫌うメカニズムが解明される」です。

次のブログ記事は「遺伝子組み換え、脳細胞でも高頻度...初の実証」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja