胃粘液の「糖鎖」がん抑制、薬や予防法の開発に期待

| コメント(0) | トラックバック(0)
 胃の粘液に含まれ、糖の分子が鎖状になった物質「糖鎖(とうさ)」に胃がんの発症を抑制する働きがあることを、信州大学医学部(長野県松本市)の中山淳教授(病理学)らの研究グループが突き止めた。

■信州大研究グループ、米専門誌に発表

 6日付の米医学専門誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」に発表した。今後、糖鎖に着目した薬や予防法の開発が期待できるという。

 糖鎖は、糖の分子が鎖状に結びついた化合物で、細胞膜の表面のたんぱく質などと結合し、病気の発症に影響する。

 胃の粘液は「表層粘液」と、胃粘膜の下方の細胞で分泌される「腺(せん)粘液」に分類され、腺粘液に糖の分子「α型N―アセチルグルコサミン」を含む糖鎖がある。グループは2004年、糖鎖が胃がんなどを引き起こすピロリ菌の増殖を抑えていることを明らかにした。

 今回は、胃粘膜での糖鎖の役割を解明するのが目的。ピロリ菌に感染していない状態で、糖鎖を欠損させたマウスと通常のマウスを比較する実験を行った結 果、糖鎖のないマウスは5週間で胃粘膜の炎症が起き、30週で胃がんを発症した。また、早期の胃がん患者では糖鎖の量が低下するか、消失していた。このた め、糖鎖は炎症を抑え、がん発症を防いでいると結論づけた。

 中山教授は「粘液は粘膜の単なるバリアではないことが分かった。研究結果が、糖鎖の量を増やす薬の開発などにつながることを期待したい」と話している。

引用元:読売新聞(ヨミドクター)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life.restay.net/mt4/mt-tb.cgi/50

コメントする

このブログ記事について

このページは、blogが2012年2月 8日 18:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「学業成績に遺伝が占める割合は40%」との研究結果」です。

次のブログ記事は「指の長さで「男性脳か女性脳」どちらなのか判別可能!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja