仕事効率アップ!脳のパワーを全開にする食べ物5つ

| コメント(0) | トラックバック(0)
以前のように覚えられなくなった。なんとなく物忘れがひどくなった気がする。こんなことを普段、感じてませんか?

アメリカの健康ニュースサイト『MyHealthNewsDaily』から、脳のパワーを全開にしてくれる食べ物をご紹介いたします。脳力アップして、覚えにくさや物忘れを吹き飛ばしてしまいましょう。

■1:グアカモーレ
ちょっと耳慣れないですが、メキシコのアボカドをつぶして作るディップ料理の名前がこれ。アメリカでは、ホームパーティなどでよく食べるそうです。

でも、パーティでしか食べないのはもったいない! 軽食やおかずのひとつとして、グアカモーレ&チップスはいかがでしょう?

アボカドは、記憶を高める働きのあるビタミンCが豊富です。またビタミンCは、抗酸化物質としての働きもあるので、脳細胞のダメージを防ぐことが期待できます。

■2:すりおろしにんじんをサラダに
にんじんはやわらかいので、すりおろすのはとても簡単! そしてにんじんには、記憶を高めるベータカロチンが豊富です。

1997年の米国老年医学会誌に掲載された研究では、血中のビタミンCとベータカロチンの濃度が高い人は、記憶力、語彙力、想起力、認知力のテストの点が高かったという結果が出ています。

スティックにんじんにグアカモーレをつけたら、脳に最強のおやつになるかもしれませんね。

■3:魚をもっと食べよう
サケ、マグロ、オヒョウなどは、記憶と学習を高める働きのあるオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。週に一度は、夕食に魚を食べましょう!

魚にあまりなじみのないアメリカ人も、脳のために週1回の魚デーを設けるべきだとのこと。魚になじみがある私達は、もっと食べてもいいですよね。

■4:くるみ
くるみもオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。魚がどうしても苦手な場合は、くるみで補うのも一手ですね。また亜麻仁油もオメガ3脂肪酸が多いので、必須脂肪酸を摂取するのに亜麻仁油を選ぶのもいいでしょう。

どちらもカロリーが高いものですから、その点だけはご注意くださいね!

■5:ジャガイモの代わりにサツマイモを
サツマイモは、ベータカロチンが豊富です。ジャガイモの代わりに、サツマイモを使ってベータカロチンを脳に届けましょう。

例えばベイクドポテトの代わりに、ベイクドサツマイモ(つまり焼きいも)にする、フライドポテトをジャガイモではなく、サツマイモを揚げるなどです。

サツマイモの黄色は、ベータカロチンの色だったのですね。日本人には、ジャガイモはごはんのおかず、サツマイモはスイーツのような感覚があるかもしれませんが、おかずにもサツマイモを使ってみるといいかもしれませんね。

いかがでしたか?

意外に身近にある脳によい食べものでしたね。手軽なものから試して、脳のパワーを最大限にまで高めてくださいね!

引用元:ネタりか 美レンジャー

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life.restay.net/mt4/mt-tb.cgi/55

コメントする

このブログ記事について

このページは、blogが2012年5月27日 06:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不安が強い人はIQが高いのか?」です。

次のブログ記事は「男性と女性では物の見え方が違う」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja