なんと「付き合った相手に顔が似てくる」は本当だった!

| コメント(0) | トラックバック(0)

人の家族をみていると、親と子どもがそっくりな上に夫婦まで顔がそっくり、なんてことはありませんか?

血のつながった親子なら顔が似るのは当然納得のいくことですが、血縁関係のない、いわば他人の夫とその妻までもが似ているというのは、なんだか不思議です。

しかしこの、"夫婦の顔が似てくる不思議"に関する研究結果を見つけることができました。内藤誼人さんの著書『レジ待ちの行列、進むのが早いのはどちらか』によると、驚きの結果が出たようです。

ミシガン大学のロバート・ザイヨンス博士の研究グループは、結婚して25年以上が経過している夫婦に頼んで、現在の写真と、25年前の新婚当時の写真を持ってきてもらった。

そして、その写真について、110名の大学生に、「類似度」の得点をつけてもらったところ、新婚当初の写真は、「あまり似ていない」と判断されたものの、25年以上も経った現在の写真は、「似ている」と判断されたという。

やはり、何年も同じようなものを食べ、同じような生活習慣で暮らしていると、顔つきまでもが似てくるものなのでしょうか。血のつながりがなくても長年連れ添っていると顔つきが似てくるのは事実だったようです。

 

これは、男女間や夫婦間に限ったことではありません。付き合う友達によっても、自分の顔つきが変わっていくのです。

しょっちゅう愚痴をこぼすような暗い人と一緒にいると、自分まで暗い気分になるだけでなく、だんだん顔つきまで沈んで来てしまったりします。

逆に美人の友達に囲まれていると、何かと感化されるせいか、かなり女度があがる気がしますよね。

「モテる子とつるむとモテる!」という類のことが、よく恋愛本には書かれていますが、まさに"朱に交われば赤くなる"のです。性格や顔立ちは一緒にいる人の影響を非常に受けやすいのです。

 

というわけで、モテたいならモテる人と、美しくなりたいなら美人の友達と、幸せになりたいなら幸せいっぱいな人たちとつるむようにすることが、目標達成へのかなりの近道かもしれません。

 

【参考】

※ 内藤誼人(2009)『レジ待ちの行列、進むのが早いのはどちらか』 幻冬舎

(著:一ノ瀬都)


引用元:Menjoy! 2011年10月17日


コメント:この理由としては食生活や表情の類似など色々言われていますが検証してみると面白そうです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life.restay.net/mt4/mt-tb.cgi/40

コメントする

このブログ記事について

このページは、blogが2011年10月18日 22:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「働き盛り男性の突然死を招くブルガダ症候群は千人に6人いる」です。

次のブログ記事は「ニュートリノが光より速いとなぜ大騒ぎされるのか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja