遺伝子組み換え、脳細胞でも高頻度...初の実証

| コメント(0) | トラックバック(0)
 人間の脳細胞では遺伝子組み換えが高頻度に起き、各細胞ごとにゲノム(全遺伝情報)が異なっていることを英エディンバラ大学や理化学研究所などによる国際チームが発見した。

 人間の細胞で遺伝子が組み換わるのは免疫関連の細胞が知られているが、脳細胞でも組み換えが起きていることを実証したのは初めて。2万数千個しかない人間の遺伝子を使って脳細胞が記憶や思考といった複雑な活動をどうやってつかさどっているかを説明する成果で、英科学誌ネイチャーに31日発表する。

 チームは、細胞内で動き回ることができる遺伝物質レトロトランスポゾンに着目。この物質の影響で組み換わった遺伝子を検出する方法を開発、脳に関係のな い病気で亡くなった人の脳組織と血液を比較した。その結果、血液では組み換えはほとんど見つからなかったが、脳組織では少なくともその100倍以上の頻度 で組み換えが起きていた。

引用元:読売新聞


コメント:脳が記憶や思考といった複雑な活動をどうやってつかさどっているかの追求は面白そうです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life.restay.net/mt4/mt-tb.cgi/44

コメントする

このブログ記事について

このページは、blogが2011年11月 1日 07:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サーツー遺伝子は寿命を30%も延ばす」です。

次のブログ記事は「ビジネスマン「知的能力」全盛期は50代だった!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja